はじめまして。

ベビーマッサージセラピストの中本 千裕です。

 

私自身、3児(長男8歳、長女6歳、次女1歳)のママとして子供たちとベビーマッサージを楽しんでいます。

ベビーマッサージに出会うまでは美容部員として働いていました。

ベビーマッサージに出会ったきっかけは、娘の発達遅滞。

娘は国内でも30例ほどの珍しい染色体異常児です。

妊娠中の異常、障がい児のママになること。。。。辛くて悲しくてなんともいえない不安な毎日でした。ベビーマッサージを通して娘の育児に前向きになれ、命が愛おしい。ふれあう事の大切さを感じることができました。沢山泣いて沢山泣いたから今の私、娘がいます。

 

同じような障がい児ママ、早産で赤ちゃんがNICUに入院していたなど育児に不安があるママの力になりたい。もちろん、障がいの有無に関わらず、力になりますよ*^^*

 

ベビーマッサージを通して、一緒に親子の絆を深めませんか?

 

 

「nana采」
ナナイロと読みます。
   

  nana=7(seven)
     様々な、宗教、天文学等に置いて特別な数字であることが多い。
  采=いろどり。

赤ちゃんの時間ってあっという間。
貴重な赤ちゃんとの時間をベビーマッサージ教室で共有させていただく。
ママとお子様にとって、特別な時間にいろどりを添えていけるように。
そんな願いをこめて―。